MENU

シミウスのミネラルパウダーはどうなの。

 

美白化粧品を使っているのにシミが濃くなった!

 

「一時期にシミが濃くなる」と、シミウスホワイトニングリフトケアジェルでのマッサージを始めてから、数ヶ月たった頃に不安を覚えた方がおられます。

 

詳しく言いますと、その不安とは一時的にシミが濃くなったように感じたとのこと。

 

不安になって当然ですよね。

 

シミを消すために毎日マッサージに励んでいるのですから。

 

ですが、安心して下さい。

 

一時的にシミが濃く感じるというのは、シミウスジェルがしっかり働いている証拠と言えるのです。

 

「シミケア化粧品のシミの消し方」が関わってくることで、シミが一時的に濃く感じることにつながっています。

 

漂白剤を配合していないシミウスジェル。

 

他のシミケア化粧品にも配合されていません。

 

配合されているのは「シミの元であるメラニン生成の抑制」と「肌のターンオーバーを促す」成分です。

 

簡単に言いますと、シミを作らせない、シミを排出する、この2つの成分を配合しているということです。

 

そして、マッサージすることによって、より早くシミを排出する手助けをしてあるのです。

 

肌の奥にあるシミは「肌のターンオーバーを促す」成分とマッサージの効果により、だんだんと肌の表面近くに上ってきている状態です。

 

それが、肌の表面に上って、垢と一緒に剥がれ落ちることになります。

 

それらから、活発になったターンオーバーによって少しずつシミが上ってくる事から、一時的に濃くなった感じを受けることになるのです。

 

 

 

○○も忘れずにお手入れしましょう!

 

さて、まず初めに皆さんに質問です。

 

多くの方がスキンケアや日焼け止めなど、お顔周りのケアなどをするときについついケアし忘れがちな場所ってどこだと思いますか?そうです!耳の後ろや首なんですよね。

 

お顔が陽だとすると耳の後ろや首はあまり目立たない陰です。

 

しかし女性なんかだと髪を片方耳にかけたりヘアアレンジで髪をアップにしたりすると耳の後ろや首が見えますよね。

 

そんな時にお顔は綺麗にしていても普段見えないからといって陰の部分のケアを怠っているとすごくアンバランスでもったいなくないですか?そもそもシミとは表皮の一番下にある基底層にある色素形成細胞のメラノサイトというものから作られるメラニン色素が増えて皮膚に定着したものなんですね。

 

でも、ひとつ確実に女性の大敵であるシミを防ぐ方法があるのです!それは「ホワイトニングリフトケアジェル」で保湿をしつつマッサージすることです。

 

ホワイトニングリフトケアジェルには保湿効果や美白効果、更にリフトアップ効果も含まれているので凄く優秀なんですよね。

 

なのでジェルを耳の後ろや首も忘れず塗り、その後の日焼け止めも忘れずに塗れば完璧です!もちろんクレンジングの際も忘れずにオフしてくださいね。

 

肌トラブルになるので。

 

是非これらに気を付けて綺麗な色白お肌を手に入れましょう!

 

 

シミウスで色白美人に!

 

年齢を重ねるにつれ、悩みが重くなるシミ。

 

シミがあるとどうしても老けて見えてしまいますよね。

 

「美白効果」をアピールするお化粧品や美容品はたくさんあってどれがいいのか選ぶのが大変です。

 

お肌を白く「見せる」のと白く「する」のでは意味が全然違います。

 

シミウスは時間をかけてお肌を白く、綺麗にしていくものです。

 

シミウスの有効成分であるプラセンタ、これは様々な美容効果があると有名です。

 

これに含まれる還元という作用で既にあるシミを薄くすることができます。

 

また、他のオールインワンジェルとは違いマッサージ機能があります。

 

これらによって、シミウスを使い続けることでシミを薄くしていくことができます。

 

効果を実感するには個人差がありますが2?3週間かかる場合もあります。

 

シミを隠すのは一瞬ですが、消していくにはターンオーバーを待つので時間がかかります。

 

しかしその期間を我慢すればシミのないキレイなお肌を手に入れることができます。

 

シミウスで、シミを隠す必要もない本物の美白を手に入れましょう。

 

 

マッサージの時に忘れそうになるここ!

 

シミウスホワイトニングリフトケアジェルでマッサージしている時に気をつけないとマッサージを忘れてしまう顔の場所があります。

 

「マッサージを忘れてしまう」というより「ジェルを塗るのを忘れてしまう」と言う方が正しいでしょう。

 

軽く考えがちですが、ジェルを塗り忘れるとその部分はシミができるリスクが高まることになってしまいます。

 

乾燥した肌は、潤いのある肌に比べ外刺激に弱くなっていますので、そのためほんの小さな刺激でさえ炎症を起こしてしまう可能性があります。

 

肌に炎症が起きるとそのダメージを回復しようとメラノサイトが活発に働きだします。

 

このメラノサイトという「シミのもと」を作る場所でもあることから、メラノサイトが活性化することで、メラニンが多く作られることとなるのです。

 

それから「ジェルの塗り忘れ」で肌の乾燥を招いてしまうと炎症を起こし、その結果シミが生成されるリスクが高まるということになります。

 

シミウスジェルでマッサージする時「顔や首の前部分」は意識してジェルを塗っていると思います。

 

ですが、「首の後ろ」「耳の後ろ」「耳の横(もみあげと耳の間)」は、どうですか?「耳の横」を一度、鏡でじっくり見て下さい。

 

シミができていませんか?私ごとになりますが、この部分にシミを見つけた時、かなり凹みました。

 

この部分は死角だったな・・・と。

 

「耳の後ろ」や「首の後ろ」は、自分で見ることは難しい場所にあたります。

 

ですが、髪型にもよりますが他の人からは、しっかり見られる場所になります。

 

それに紫外線にもさらされるので、日焼けしやすい場所でもあります。

 

これらの場所は、ジェルだけではなく日焼け止めクリームなどの塗り忘れや、塗りムラができやすいのです。

 

朝、マッサージして日焼け止めを塗る場合は、忘れない様に注意が必要です。

 

そして、塗り忘れしやすいということは、落とし忘れもしやすいということにもなるので、クレンジングの際は忘れることがない様にしましょう。

 

肌荒れの原因となってしまいますので、化粧品や日焼け止めなども確実に落とすようにしなければなりません。

 

面倒くさいようでも、耳の横や耳の後ろ、そして首の後ろも毎日マッサージすることをお勧めします。

 

時間的には、それほど変わりませんので、ぜひ、シミのない美肌を手に入れるため習慣にしましょう。

 

 

 

マッサージはどのくらいの力でやれば効果的?

 

シミウス ホワイトニングリフトケアジェルは、一緒にマッサージをすることでお肌のターンオーバーを促進し、シミをより早く除去してくれる化粧品です。

 

しかし、マッサージと言っても、どれくらいの力加減でマッサージをしたら良いのでしょうか。

 

強くマッサージをすれば、より効果的なんじゃないかとお考えの人は間違いですよ。

 

刺激が強すぎるマッサージはシミの原因になってしまう事があるので逆効果です。

 

顔には表情筋が多く集まっていて、強すぎるマッサージをしてしまった場合、摩擦によるダメージになってしまい、炎症を引き起こしてしまうこともあるのです。

 

更に、この炎症はメラニン色素の発生を促してしまい、結果的にシミになってしまいます。

 

なので、摩擦を起こさない力加減でマッサージする事が大切です。

 

その力加減というのがまた難しいのですが、これだけは言えるのが乾燥してる時の肌の方が摩擦は起きやすいです。

 

ジェルを使ってマッサージをする時、顔が引っ張られる様な感覚がしたら、それはジェルの量が少ないのか、力が強すぎるということです。

 

乾燥肌の方はお肌に優しく触れる程度にマッサージしてあげると良いかと思います。

 

ぜひその日のお肌の調子に合わせて、摩擦で傷つけないようにマッサージしましょうね。

 

 

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ